【営業が苦手な女性が、営業への意識が変わる方法】

セールス塾を主宰していると、日々日々
「営業が苦手です」
「売り込むという考え方に抵抗があります」
「セールスとは、無縁な気がしています」
という、多くの女性に出会うんですね。

 

そうですよね。一般的には、「営業」や「セールス」って女性は苦手なイメージがありますよね。

そして、
「目の前にある商品を売り込まなくては!」
「買っていただかなくては!」
そんな風に思い込んでいる女性も多いのではないかな。

 

ここで、私がわざわざ
「思い込んでいる」と表記したのにも
訳があるんです。

勘が良いかたはお気づきですね?笑
多くの人は「その思い込み」を「価値観」と信じきって「売り込まなくては!」「買っていただかなくては!」と思ってしまってる・・。

ここに第一関門がある訳です。

STEP1:思い込みに気がつこう

先ほどお伝えしたように、人は多くの「思い込み」を自分の「信念」として毎日を生きている訳です。

話が壮大になりすぎたので、営業に戻しますね!

例えば・・・
「買っていただかなくては!」
という思い込み=意識が先行して接客を行うとそこには、「なんとか買ってもらおう」という意識が生まれます。

その生まれた意識を元にして、人は言葉を発している訳です。

そうすることで、あなたは「おすすめ」してる<つもり>が、
お客様には、「売られている」という意識として根付く
訳です。

それが、「売り込まれている」という感覚として、残るんです。

あなたが発する言葉はあなたの心を通して出ている

だから、「買っていただかなくては」という「思いこみ」を取っ払うということで、「発する」言葉が変わるのです!

そのステップ1として、まず思い込みに気がつくが必要になるのです。

(思い込みに気がつき、セールス上手になれる無料メールマガジンはこちら
をクリック)

そんなこと言ったって、「買ってもらわなきゃ、話にならないじゃないか!」「売らなきゃ、どうやって利益を上げるんだ!」という声が聞こえてきそうですが・・。笑

売り込むではなく、「相手が欲しくなる」術を身につけることが必要なのです!

STEP2:相手が欲しくなる方法

あなたが「買ってもらわなきゃ」「売り込まなきゃ」と思わなくても売れる方法、

それは、「相手にその商品を欲しい」と思っていただくことだとお話しました。

あなたが、「この商品が欲しい!」と、思う時はどんな時でしょうか???

「その商品を探していた時?」「自分の予算に見合ったものと出会った時?」様々だと思います。

ですが、大きな商品や、高額商品を買っていただけるのは

「この商品・この人なら、私の問題を解決してくれるかもしれない!」と、相手に「期待」が生まれた時なのです。

この期待をお客様が持てた時、「この商品が欲しい」と思っていただけるのです!

では、どうやったら「期待」を持ってもらえると思いますか?その期待を抱いてもらうには、「お客様の心を掴む」必要が出てくるのです!

STEP3:お客様の心を掴む方法

お客様の心を掴むなんて、難しそう!そんな風に思う方もいそうですね!これは、意外にもそんなことないんです。
ここにも、STEP1の「思い込み」が隠れています。

接客は「思い込み」という壁がいくつも出てくるということなんです。

例えば・・
「相手が無言になった」ケース。
→きっと商品は、もう必要ないと思っている違いない

「相手が目を合わせてくれない」ケース。
→鬱陶しいと思っているに違いない

このように、相手の行動や言葉などからあなたの今までの「価値観」を通して、相手の行動をジャッジしていることがほとんどなのです!

こうやって、相手の言動に対して、「〇〇に違いない」と思い、接客を続けてしまうことで、接客に温度差が生まれ、結果不契約・・・・・。

「ほらやっぱりね!」という事態が生まれるのですね。

あなたが感じているお客様の言動は「あなた」が感じているものに過ぎず、「お客様」が何を感じているかは「お客様」本人のみぞ知る!ことなのです。

この本人のみぞ知る部分に「お客様の心を掴む」ヒントが隠されているんですね。そのヒントを知るために、あなたがまず知ることは・・

お客様の話を「聞く」という姿勢を相手に伝えるということになるんです。

営業が苦手・・・話すのが得意ではないし・・売り込むなんて嫌だな・・・そんな風に思ってる女性は多いはず!

ですが、相手の話を「聞く」姿勢を見せることは、できるのではないでしょうか??

セールスが苦手、営業が苦手、売ることが苦手でも大丈夫!
まずは、「相手の話を聞く」ことから始めてみませんか?

思い込みに気がつき、セールス上手になりたい方向け
無料メールマガジンは、こちらをクリックで簡単登録)

*全て無料でご購読いただけます

関連記事

  1. 人に選ばれる、スキルとは??

  2. 女性にセールス、営業が必要な理由

  3. その認識、間違っています

  4. この二つを磨くことで、選ばれるようになれる!

  5. 継続的に商品が販売できない1つ目の理由

  6. 金額がネックでお断りされてしまう原因とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Profile -プロフィール-

朝倉 紘香 (あさくら ひろか)/セールス・コミュニケーション講師

保育園に子供を入れ、ワーママとして働くも「子育て・家族との時間を手にしながら、実績を出して人の役にたてる方法はないか?」という働き方・生き方へのバランスを模索し、<起業>という働き方に転向。

他業種に渡り、短期間で30%以上の業績アップ及び、女性向けコーチング契約率91%、再リピート率81%の「信頼関係構築コミュニケーション」のメソッドを基に、「ウーマンセールスカレッジ/woman sales collage」を主宰。受講期間中に85%の方が成果を実感されている。

自身の信念は、「誠実」「魅せ方と中身の一致」。誠実なサービス作り、お客様との関わりを大切に仕事をしている。

プライベートでは、夫と幼稚園に通う娘と愛犬と都内に暮らす一児の母であり妻である。