嫌われない営業方法

販売や接客で物や商品を売る人にありがちなのが、
「商品をオススメしよう」としている人が多いことです。

こんにちは。セールス・営業が苦手な人にセールスメソッドをお伝えしています。ウーマンセールスカレッジ代表 朝倉紘香です。

自身の経験を基に、個人事業主にセールスの方法やコミュニケーションをお伝えしてきました。受講生の中で多く聞かれることが、上記のお悩みです。

驚くことに、多くの方が「接客するというのは、商品をオススメするのですよね?」と思っているのです。

その意識が、商品への契約率を下げてしまう・・というのは、やはりセールスのコミュニケーションを習得していない人には概念としてないのかもしれません。

今日は、その辺りをお伝えします。

 

契約率の高い人は、オススメしようとしていない。

契約率の高い接客者というのは、むやみやたらに商品をお勧めしていないという現実があります。商品を売る営業ではなく、頭の中には「商品を売らない営業」というものを置いています。

「商品を売らない営業」をご存知でしょうか?

営業というのは商品を売る営業売らない営業があるのです。
優秀な接客者は「売る」「売らない」自分で選べることを知っているのですね。

「売らない」としても、もちろん目の前にいるお客様を邪険にしたりしまえせん。もちろん、丁寧に接客をしています。
それは、「売らない」手段を持っているからなのです。

つまり・・
「売らない」手段を持っていますので、「無理に」「強く」商品を勧めるという概念が頭の中にはないということになります。

その結果が、「押し売りにならない」という現象になります。

なぜ、売らない営業をしているのか?

せっかく接客しているのだから・・
せっかく、来てくれたのだから・・

営業したほうがいい、
お勧めしたほうがいい、
商品を売ったほうがいい、
商品を買ってもらったほうがいい、
商品を買ってもらいたい・・

そういった思考になる人は多いですね。

特に、仕事を始めたばかりの新人や集客が大変な個人事業主は、そのような思考になる方が多いように見受けられます。こういった方は、自分の営業スキルや商品や今後の道筋への不安が大きく目先の利益に走る傾向が多いようです。

「せっかく来てくれたのだから・・」
「買ってもらうと売り上げになるし・・」
「買ってもらって、少しでも利益にしたい・・」

というようにです。

これは、自分の事業の未来やこれから続くお客様との関係性に目を向けるより、「今」の自分の目先の売り上げや不安に目を向けていることになります。

優秀な営業マンは「商品を売る」ことではなく、「売った後のお付き合い」をイメージし、そこを大切にしているのです。

売ったあとをイメージしているから、自分の商品で良好なお付き合いができないと思った方には「売らない」という選択がある。
ここで、目先の利益をとったら「自分のまわりもお客様も、エネルギーがマイナスになってしまう・・」ということを知って、リスクを未然に予防しているのです。

同時に、目先の数字的な利益に惑わされず、売らない選択をすることによって、自分や受け持ってるお客様、事業の未来にプラスのエネルギーを回せるということもわかっています。

まとめ

つまり・・営業ができる人は、「売らない選択」を念頭に入れているため、接客に出るときに「お勧めしよう」という意識は、持ち合わせてないのです。お勧めしようという意識を持ってない人から、「押し売りされた」と感じる人はほぼ、いません。結果、売られている感じを相手に与えることはなく、「契約率が伸びる」という未来に繋がるのですね^^

売らない営業を選択肢に入れられると、営業・接客・販売はとても強いですよ^^是非、ご参考になさっていただけたら幸いです♡

それでは^^

◾️売るのが苦手な女性のためのセールスマガジン
▼登録後、4日間のセールス実践編<無料メール講座>プレゼント!!

メルマガ登録はこちらから

 

◼️SNSで1~5期 満員御礼
契約率、売上を安定させたい起業家向け
ウーマンセールスカレッジ
ウーマンセールスカレッジ

ウーマンセールスカレッジ代表
朝倉 紘香

関連記事

  1. 契約後に未入金・キャンセル・解約になってしまう対策。

  2. 【営業が苦手な女性が、営業への意識が変わる方法】

  3. 対面セールスが苦手な人に効く!?方法

  4. 金額がネックでお断りされてしまう原因とは

  5. 女性にセールス、営業が必要な理由

  6. 営業苦手、営業嫌いな人が売りこまずに売れるポイント

Profile -プロフィール-

朝倉 紘香 (あさくら ひろか)/女性専門・創業コンサルタント

保育園に子供を入れ、ワーママとして働くも「子育て・家族との時間を手にしながら、実績を出して人の役にたてる方法はないか?」という働き方・生き方へのバランスを模索し、<起業>という働き方に転向。

他業種に渡り、短期間で30%以上の業績アップ及び、女性向けコーチング契約率91%、再リピート率81%の「信頼関係構築コミュニケーション」のメソッドを基に、「ウーマンセールスカレッジ/woman sales collage」を主宰。その後、多くの女性から「本当にやりたいことへの言語化・商品化」の相談を受け続ける。忘れていた大切なもの、価値観、資質をもう一度見つめなおし、言語化・商品化までをお手伝いする、心から自分のやりたいことを事業化する、個別にカスタマイズメソッドを提供。

自身の信念は、「自身の信念は、「家族のように親身に思う」という 思いで、お客様との関わりを大切に仕事をしており、「ここまで細かく見てもらえるとは思わなかった!」と、定評を頂いてる。

プライベートでは、夫と小学生の娘、未就学児の息子と愛犬と都内に暮らす二児の母であり妻である。