断られるのが怖い。おすすめが怖い。の心理。

こんにちは。
販売が苦手な女性のために、アドバイスをしています。
ウーマンセールスカレッジ代表、朝倉紘香です。

コーチやカウンセラー、販売や接客をされていると、
「声をかけるのが怖いな」
「声をかけて、嫌な思いさせたらどうしよう」
「今、欲しいかわからないし・・」
と、売ることを躊躇してしまう女性はとっても多いのです。

そういった女性の心理的な理由をお伝えします。

断られるのが怖い理由

断られるのが怖いな〜という女性の共通点の一つに、「自分の欲しい愛情がもらえない」ことへの恐れ・・というものがあります。

どういうことかと言いますと、

「愛情は、相手から表現してもらうもの相手から表現をしてもらうことが、私への愛情。愛してくれてるなら、黙ってないで、自分から言って欲しい

と言ったタイプということです^^
相手から表現される愛情が自分を大切にしてくれる証拠であり、自分への愛情と思っている場合、自分からアクションすることが苦手になりやすい
なぜかというと、片思いの相手に自分からアクションをするのは、とても難しいのと同じ心理です。自分への愛情を確認してから告白したいですもんね。

この手のタイプの人に重要なのが、相手の愛情を確認する手段になります!

 

相手の気持ちが知りたい

恋愛に例えると、
「告白してフラれたくない」「相手の気持ちが知りたい」
という方は多いのではないでしょうか?^^

セールスでも同じで、相手の気持ちを知ってからお誘いしたい・・と思う方はとても多いです。お相手の気持ちを知るために必要なのがセールスのコミュニケーションと考えてください^^

何か商品を販売する際には、商談されますね。商談の際に、相手の気持ちがわかったらとても良い!と思う方も多いのでは??

あなたと話しをしている時にお相手の気持ちというのは、徐々に変動していきます。「買う気がない」人は、「買う気にになる」可能性がありますし、「買う気がある」人は、「買う気が無くなる可能性もあるのです。つまり、何を話すか?という話す内容で、相手の気持ちというのは良くも悪くも変動します。

相手の気持ちの変化がわかるようになるのが、セールスのコミュニケーションです。

相手の気持ちを知るには・・?

では実際に相手の気持ちを知るにはどうやってわかるのでしょうか?
これは相手のタイプにもよります。その中でも表面的な部分でわかりやすいのは、

表情
声色
姿勢

です。

お話をしていくうちに、表情がどう変化しているのか?声色はどう変わったか?姿勢はどうか?などを観察してみてください。そうすると、変化が良い方に変わったのかどうかがわかるはずです。

変化のタイミングを見計らって告白をすることで契約に結びつくことが増えていくはずです。

お客様を観察してみてはいかがでしょうか?

セールスが苦手、販売が苦手、売るのが怖い、という女性がセールスってちょっといいな♪と思えるように情報を配信しています。
より詳しい情報はメールマガジンで習得していただけます。ぜひご購読ください^^登録と同時に無料でセールス実践編のメール講座をプレゼントしています。

メルマガ登録をする

 

 

販売苦手、セールス苦手、セールスできない人専門
ウーマンセールスカレッジ代表 朝倉 紘香

 

「毎日ブログも更新中です」
https://ameblo.jp/hirohanamaind/

関連記事

  1. 【営業が苦手な女性が、営業への意識が変わる方法】

  2. 継続的に商品が販売できない1つ目の理由

  3. この二つを磨くことで、選ばれるようになれる!

  4. 契約後に未入金・キャンセル・解約になってしまう対策。

  5. 営業苦手、営業嫌いな人が売りこまずに売れるポイント

  6. 人に選ばれる、スキルとは??

Profile -プロフィール-

朝倉 紘香 (あさくら ひろか)/女性専門・創業コンサルタント

保育園に子供を入れ、ワーママとして働くも「子育て・家族との時間を手にしながら、実績を出して人の役にたてる方法はないか?」という働き方・生き方へのバランスを模索し、<起業>という働き方に転向。

他業種に渡り、短期間で30%以上の業績アップ及び、女性向けコーチング契約率91%、再リピート率81%の「信頼関係構築コミュニケーション」のメソッドを基に、「ウーマンセールスカレッジ/woman sales collage」を主宰。その後、多くの女性から「本当にやりたいことへの言語化・商品化」の相談を受け続ける。忘れていた大切なもの、価値観、資質をもう一度見つめなおし、言語化・商品化までをお手伝いする、心から自分のやりたいことを事業化する、個別にカスタマイズメソッドを提供。

自身の信念は、「自身の信念は、「家族のように親身に思う」という 思いで、お客様との関わりを大切に仕事をしており、「ここまで細かく見てもらえるとは思わなかった!」と、定評を頂いてる。

プライベートでは、夫と小学生の娘、未就学児の息子と愛犬と都内に暮らす二児の母であり妻である。